よく聞くヨガの単語はサンスクリット語

東灘区・芦屋市をメインにヨガレッスンを行っている栗林直美です。


今回は「ヨガをしているとよく耳にするワード」をいくつかご紹介したいかと思います。

ヨガ用語は、ほとんどがサンスクリット語です。


サンスクリット語は古代インドの言葉で、聖なる言語とされ、身分の高い者しか使うことができませんでした。

◆プラーナ

プラーナとは「生命エネルギー」の事を指します。

プラーナヤーマは呼吸法ですが、それによって心とプラーナが結びつくと言われています。


◆スーリア

スーリアとは「太陽」を意味します。

太陽礼拝を「スリアナマスカーラ」と聞くこともあるのではないでしょうか。

発音は「スーリャ」「スリア」「スーリヤ」と言うこともあります。

どれでも大体通じます。

スリアナマスカーラのときに光り輝く太陽をイメージしながらポーズをとれば活力がみなぎりそうですね。


◆シャンティ

「平和」の意味があるシャンティ。

3回唱えると「心に平和がやってくる」と言われています。

ヨガレッスンの最後に・・・

「オーム シャンティ シャンティ シャンティ ヒー」と唱えることもあります(^^)

3回のシャンティは「自分へ、周りの人へ、環境に」と思いが込められています。


シャンティ シャンティ シャンティ・・・

みなさまにも、私にも、心に平和が訪れますように (*^^*)




神戸市東灘区・芦屋市のヨガレッスンなら703yoga

神戸市東灘区・芦屋市をメインに ヨガインストラクターとして活動をしている 栗林直美と申します。 この度は703yogaホームページを ご覧いただきありがとうございます。

0コメント

  • 1000 / 1000